>

手軽で便利になった分、知識を持つことが大事

ビタミン剤や入浴剤、殺虫剤も含まれます

医薬部外品にはどんなものがあるのでしょうか?
具体的にはヘアケア製品を代表とするスキンケア製品、 オーラルケア製品など各種ケア用品などがありますが、その他にも一部ビタミン剤や入浴剤、薬用化粧品、薬用石けん、さらには殺虫剤なども含まれます。
医薬部外品は「指定医薬部外品」「防除用医薬部外品」「医薬部外品」の3種類に分けられます。
指定医薬部外品はもともと医薬品として売られていたものが2009年の薬事法改正で規制緩和され医薬部外品になったものです。
防除用医薬部外品は薬事法で定められた害獣・虫を駆除する製品。殺虫剤や殺鼠剤、虫除け剤などがこれに当たります。
そして上記2つ以外の2009年以前から医薬部外品として売られていたものを医薬品といいます。

インターネット通販で買える

手軽に購入でき、安全性の高い医薬部外品ですがアレルギーを持っている人は「表示指定成分」を気にしたほうが良いかもしれません。
表示指定成分はアレルギーを起こす可能性のある成分で約140種類あります。これが医薬部外品にも含まれている可能性があります。
以上医薬品と医薬部外品の違いや、それぞれの特徴について見てきました。
2009年の薬事法改正で一般医薬品が一部を除きコンビニやスーパーで、2014年にはインターネット通販で買えるようになりました(一部商品はメールなどでの薬剤師とのやりとりが必要)。それにより過疎地に住む人や薬局が開店している時間に来店が難しい人にも医薬品が手軽に手に入るようになりました。手軽で便利に手に入るようになった分、医薬品や医薬部外品に対する基本的な知識を持つことが大事になっています。


この記事をシェアする