>

医療用医薬品と一般用医薬品、要指導医薬品

薬剤師や登録販売士に相談が必要になるもの

医薬品には病院で医者に指示を受けて受け取るタイプとドラッグストアなどで自分の判断で買購入するタイプがあります。
前者は医療用であり、後者は一般用として区別できますまたはカウンター越しに購入出来ることから「OTC(Over The Counter)医薬品」と言います。
医療用医薬品を購入するには医師の処方箋が必要ですが、OTC医薬品には必要ないので自分が欲しい銘柄を指定して購入できます。しかし購入の際に薬剤師や登録販売士に相談が必要になるものがあります。
一般用医薬品は副作用や取り扱いの注意度から、それぞれ3つのタイプに分けられています。第1類に分類されるタイプは特に取り扱いに注意が必要な薬品で購入の際に薬剤師とのやりとりが必要です。また薬剤師にも書面を用いた情報提供が義務付けられています。





取り扱いに注意が必要な要指導医薬品

ドラッグストアなどで売っている薬の大半は第2類ですが、第2類医薬品は薬剤師か登録販売者による情報提供の努力義務があります。
第1類医薬品と第2類医薬品は副作用で日常生活に影響が出るほどの健康被害が発生する可能性があり注意が必要です。
第3類医薬品は販売時の情報提供が不要で、副作用も調子が悪くなる可能性があるといった程度のものです。なおこれら一般医薬品は通販でも購入できます。
薬品のリスクには副作用の大きさがありますが、他にも薬が使用されてからの期間があります。
要指導医薬品は取り扱いに最も注意が必要とされるOTC医薬品です。これは医療用医薬品から一般用医薬品になってからの期間が短いもので副作用などのリスクが不確定なので薬剤師の対面販売が必要になります。
薬局やドラッグストアで空箱展示されていたり、カギのかかったケースに入っている薬は要指導医薬品です。


この記事をシェアする