>

医薬部外品について意外と説明できない

薬を使用した際の作用が大きいものが医薬品

医薬品と医薬部外品の違いは何でしょうか?それは薬を使用した際の作用の大きさの違いで、作用が大きいものが医薬品です。作用が大きければ大きいほど薬は効きますが副作用などのリスクも高く取り扱いが難しいのです。一方、医薬部外品は医薬品に比べると作用は穏やかで副作用の心配も無く、安全性が高いものだといえます。
さらに目的も違います。医薬品は病気の治療や予防を主な目的としているのに対して、医薬部外品は病気の予防や防止・衛生などを主な目的としています。対して部外の品となるとメインとして治療に用いられるものではありません。
効果も医薬品が「○○の疾患に1日○回使用で○○の効果があります」と明確なのに対し、医薬部外品は「効果が期待できる」といった程度で、使用量などの記載義務もありません。

医薬部外品はコンビニやスーパーでも買える

一方で医薬品は「効用、用法、用量」を明記しなければなりません。
また、医薬部外品は広告やパッケージなどの表記で緩和な表現しかできません。例えば「腸の調子を整える」はOKでも「下痢を止める」はNGです。
「下痢を止める」などの表現を商品に記載できるのは医薬品だけです。
他にも、厳しい実験・検証作業を経て、厚生労働省の審査で「配合されている有効成分」の効果が認められたものを医薬品、国より認可を受けた含有成分が混ぜられているものを医薬部外品と呼びます。
また購入できる場所も違ってきます。医薬部外品は安全性が高いのでコンビニエンスストアやスーパーなどでの販売が可能です。一方医薬品は基本的に薬局・ドラッグストアでの販売が義務付けられています。(一部通販でも取り扱える)


この記事をシェアする