医薬品と医薬部外品の違いって何?

意外と知らないその違い

医薬部外品は病気の予防や防止・衛生などが主な目的

美容や健康は多くの人にとって大きな関心ごとです。テレビを見れば美容や健康に関する番組が放送されているし、ネットや新聞広告でも美容や健康に関する商品をよく見かけます。サプリメントなど栄養補助食品やヘアケア、スキンケア製品などが代表的でしょうか。
最近はケア製品にもいろいろあって、例えばスキンケアクリームには保湿だけでなくシワやシミの予防効果があったり、歯磨き粉には歯周病を予防してくれるものまであります。これらは化粧品なんでしょうか、それとも薬品でしょうか。
ここで突然ですが、「医薬部外品」ってご存知ですか?ドラッグストアで買ってきた商品のパッケージに枠で囲われて「医薬部外品」て書いてあったり、よくテレビCMなんかで「医薬部外品です!」なんてナレーションされてたりして見たことや聞いたことはあるのではないでしょうか。
この「医薬部外品」って何でしょか?皆さん意外と説明できないのではないでしょうか?
「医薬品」といわれば何となく説明できるかもしれませんね。では「医薬品」と「医薬部外品」はどう違うのでしょうか?また「医薬部外品」はどうでしょうか。
私たちの身の回りにある風邪薬やスキンケア用品などは薬事法という法律で「医薬品」「医薬部外品」に分類されていて、それぞれ効能などにより明確に区分されていてパッケージなどに記載を義務付けられています。
このサイトでは「医薬品」「医薬部外品」について説明しつつ、「医薬部外品」は「医薬品」とは違うのか?という疑問に答えていきます。

医薬部外品について意外と説明できない

では最初に両者の違いについて説明します。 医薬部外品は近いものの医薬品ではありません。医薬品はその効果と副作用などの危険性から取り扱いがシビアですが、医薬部外品は効果がゆるやかで身近なところで手に入り気軽に自分で選んで購入する人が多いでしょう。

医療用医薬品と一般用医薬品、要指導医薬品

ここまで双方にどんな違いがあるのかについて説明をしてきました。 ここからは医薬品について説明していきます。医薬品にはどんなモノがあるのか?どの様に分類されるのか見ていきます。医薬品が1類、2類、3類に分かれているなど、皆さん意外と知らないのではないでしょうか。

手軽で便利になった分、知識を持つことが大事

医薬部外品は医薬品などとの中間的な製品で、よく見かける「薬用」といった表記がある製品は医薬部外品です。 安全性が高く、スーパーやコンビニエンスストアでも気軽に購入できます。 医薬部外品について解説し、一般医薬品や医薬部外品の購入時の注意点などを挙げます。

おすすめリンク

清水区の調剤薬局の数

清水区には調剤薬局が何件かあります。その中で自分にあったものを見つけるとこんなメリットがあるんです!